衣装を選ぶ

ドレスの後姿

式典や行事、冠婚葬祭時にはその場に合わせた服を着用します。式服は昔から着用されてきましたが、現在では外国の文化も入っているので自分の好みから選択できる幅が広がっています。
洋服はTシャツやYシャツ、スカートやパンツスタイルのように自分らしさを表現できるアイテムです。日本の伝統的な着物も大切にされていますが、気楽に着用できる洋服が広まっています。
日常生活では気軽に着こなせる洋服ですが、特別な日には洋服以外に相応しい服装に着替える必要があります。
特に結婚式は祝いの場として、主役となる新郎新婦やその家族、招待客もドレスやスーツ、袴や留袖など定番の式服を着用します。
多くの女性が憧れている新婦の定番と言えば、ウェディングドレスです。ウェディングドレスは純白のドレスですが、スタイルには様々なパターンがあります。

結婚式場では、ウェディングドレスのレンタルが行われています。何着もあるなかから自分が気に入ったタイプを選べるので、満足のいく結婚式を挙げられます。
打ち合わせの際にウェディングドレスを選べるので、ゆっくりと納得がいくまで試着をかさねられます。またウェディングドレスだけではなく、髪飾りや靴もそのままレンタルが可能です。
新郎が着用するスーツもあるので、二人でお揃いの洋服に合わせられます。
ウェディングドレスの選び方に困ったときでも、スタッフが資料を見せてくれたり、アドバイスをしてくれたりするので参考にできます。

花嫁衣装の歴史

結婚式の男女

花嫁が着用するウェディングドレスは、女性たちの憧れとして注目されています。結婚は儀式として海外や日本で昔から行われています。花嫁衣装の歴史について、分かりやすく説明していきます。

Read more »

ドレスの種類

結婚式

ウェディングドレスは純白ですが、ドレスの形はそれぞれタイプに分かれています。スタンダードなAライン、スマートな体型にみえるマーメイドタイプ、エンパイアーなど種類は様々あります。

Read more »

サイズを確認する

花嫁の後姿

ウェディングドレスは、どのような背丈の人でも着用できるようにサイズが揃っています。なかには体型が限定されているタイプもあるので、着用するまえにサイズがあるかどうか確認する必要があります。

Read more »